一般社団法人八千代青年会議所 | 明るい豊かな社会の実現を理想とし八千代市の発展のために活動する青年の団体です。

一般社団法人八千代青年会議所 一般社団法人八千代青年会議所 お問い合わせボタン お問い合わせボタン

青少年共育委員会

青少年教育委員会

一般社団法人八千代青年会議所 | 青少年教育委員会

教育担当
副理事長 佐野 友亮

青少年教育委員会
委員長 花島 涼

委員会事業方針

近年、核家族化が更に進み、収入や家事育児の面で負担が増え、少子化が進んでいます。そして、便利なデジタルツールが広く利用されコミュニケーションの一角を担うことで、家族同士のふれあいや近所での異年齢集団と遊ぶ機会が減少し、子供たちから直接的な人間関係を結ぶ能力の成長を阻んでいるのではないでしょうか。
子供たちが仲間と手と手を取り合い力を合わせ、未来へ大きく前進する力を養う必要があります。
まずは、子供たちのコミュニケーション能力向上と未来のビジョンを描くために、我々メンバーが学校では習わない知識を進学や就職を控えた学生に伝え、お互いに質問を交わし、相手の考えを知る例会を開催します。
そして、子供たちがその家族や仲間たちとのコミュニケーションを図り、諦めずに挑戦する心、困難に立ち向かい乗り越える力、達成感から生まれる自信を養う事業を開催します。さらに、食育を通じ、命の大切さや食べ物に対する感謝の心、食事の重要性や心身の健康を育みます。
また、近年多発している地震や 大型台風等の自然災害に遭遇した際、家族や仲間、地域の住民たちと協力し共に乗り越えるために、八千代市社会福祉協議会が主催する防災寺子屋事業に参画し、日頃からの防災についての関心を深め、有事の際に活躍できるよう共に学んでいきます。
そして、サッカーを通じて相手への敬意、仲間の大切さ、心身ともに健康なことへの感謝、勝っても負けても真剣に挑むことの重要性を教育するために、JCカップへ参画し、八千代市だけではなく様々な地域の同年代と出会いチームワークを高めあう機会を提供します。我々が八千代市民の先頭に立ち日本の財産である子供たちを教育し、子供たちが一致団結して進んだ先には、こんなにも素晴らしい将来が待っているのだと確信できる環境を創り上げるという熱い情熱を胸に挑戦し続け、緑の中の八千代を創造します。

事業計画

  1. 3月例会の企画・開催
  2. 成長の機会を与える事業の企画・開催
  3. 「防災寺子屋」事業への参画
  4. JCカップ事業への参画
  5. メンバー全員が会員拡大を意識すること
  6. 他委員会を巻き込み協力し合うこと
  7. 出席率向上に努めること
  8. 出向者の支援並びに各種大会へ積極的に参加すること
  9. SDGsの推進と活用をすること
  10. 育LOMの内容を理解し推進すること

委員会方針
INDEX

ここにmenuが読み込まれる

八千代青年会議所連絡